はじめての登録

バイヤー

トレンドの一歩先を見据えた鋭い感性でニューアイテムをセレクト

○仕事内容
バイヤーの仕事はお店の客層やイメージに合わせて店頭に並べる商品を選択し、買い付けをするのがメイン。
バイヤーに課せられるミッションはズバリ、“売れるモノ”を仕入れること。決められた予算内で、ショップのコンセプトやトレンドの先を押さえ、他店との差別化が図れる魅力的な商品を探すため展示会やメーカーなど国内外を飛び回り、自分の嗅覚を頼りにセレクトします。
その責任は大きく、全てにおいて売上げ数字での結果を求められます。買い付けだけでなく、仕入れた商品のセールスポイントを店長や販売員に周知させ、販売のサポートをすることも大切な業務です。マーケットやトレンドを分析して発注管理を行い、販売方針や方向性、シーズンごとのコンセプトを決めていくため、バイヤーの仕事そのものがその店を表すほど重要なポジションです。

主なスキル&こんな人に向いている仕事

日々変化していく流行の先を見据え新しいブランドやアイテムを開拓するために情報収集は欠かせません。
ファッションセンスを磨くことも大切ですが、何が売れるのかを販売実績や市場の動向などから分析し、判断するロジカルな思考が求められます。仕入れ、商品構成、販売数量、採算の計画などすべて綿密なプランが必要なため、俯瞰でショップやブランドを把握できる視点を持つことがバイヤーとして大切な適性。どんなに売れ筋の商品でも入荷時期がずれてしまうと不良在庫になってしまうため、計画性と実行力を持って業務にあたれる人に向いています。
また、いかに安くいい商品を仕入れるかもバイヤーの腕の見せ所。取引先と駆け引きをする交渉力やコミュニケーション力を磨くことも大切。海外取引には語学力は必須です。

やりがい

バイヤーのやりがいは、自分のセンスと判断でファッションムーブメントをつくることができること。仕入れた商品がヒット商品として流行した時は大きな自信になるでしょう。自分の仕入れた商品の判断が正しかったかどうかは、売上げ数字ではっきり反映される厳しい世界。それでも自分の提案したアイテムが、ショップの販売員との連携でお客様に気に入っていただけた時は達成感で胸がいっぱいになることも。いかにお客様の先回りをして、新しいスタイルを提案していくのかがバイヤーの命題です。プレッシャーを感じるポジションですが、それだけに成果を上げた時の喜びは大きいものです。

  • ファッション・バイヤーの求人
  • 求人検索

その他の募集職種

アパレル転職のご登録はこちらまで。ご相談もお気軽にどうぞ。

  • アパレルのお仕事探し

    職種や希望勤務地からファッション求人を探す!

  • お仕事のスタートに!

    アパレルのお仕事を始めるには、まずご登録から。

  • ご相談・ご登録等